2008年07月07日

過ちては改むるに憚ること勿かれ

本日(7月7日)、「歩いて識る150年」一行は「赤穂〜龍野」を移動。

----------


「過(あやま)ちては改むるに憚(はばか)ること勿(な)かれ」
は、『論語』「学而」編にある言葉です。


さて、本当にそれが「過ち」だったかどうかは分かりませんが、改めるそうです。


AO入試、廃止の動き 大学生集めに有効だが…
《報道記事:日経新聞:7月2日付》


記事によれば、
-----
書類や面接で選抜するAO(アドミッション・オフィス)入試が曲がり角を迎えている。九州大が法学部のAO入試を2010年度に廃止するほか、一橋大なども廃止を決定。入学者の学力不足を主な理由にしているが、他方でAOは学生集めに有効とされ、実施大学は増加の一途だ。AOにも学力試験を義務付けるべきだという議論も出ている。

 「基礎学力が足りず授業が分からない学生がいる」。ここ数年、一橋大商学部を悩ませてきたのがAO入学者の学力不足だ。講義についていけず落ち込む学生も出たといい、結局来春からAOを廃止することを決めた。大学入試センター試験を課す「推薦入試」に切り替えるという。

-----
ということです。


確かに

九州大学:法学部

一橋大学:商学部

というように、それぞれの理由で廃止をするようです。



それにしても、気になるのは、その理由。

「基礎学力が足りず授業が分からない学生がいる」

というのは、果たして理由として相応しいのかどうか・・・


AO入試とは、それぞれの大学のアドミッションポリシーにのっとり、「Admissions Office」が、自分たちの大学で教育を行うの相応しい人材を面接等の方法で選抜する仕組みです。


ある意味、上記の大学は、それぞれのアドミッションポリシーとして「入試段階での基礎学力が高い人」という条件を、改めて表明したということなのでしょう。



うぅん。



しかし、大学とは「教育」をする場でもあるはず。

あらかじめ学生が持っている学力に依存する教育とは、やや責任放棄な感じがしなくもないのですが・・・





----------
11月8日:「創立150年記念式典」まで、あと124日
----------


----------
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければクリックお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ


posted by Tommy at 23:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。