2008年10月15日

2020年に2000億円?!

創立150年記念式典まで残すところ24日になりました。



今回の記念事業の成否を握っていたのが、目標額250億円の記念事業基金でした。


募金の経過報告」で既に公表されていますが、9月末に募金期間半分の段階で目標額の250億円を超え(9月末:255億円)、現在は「使途指定寄付金募金活動」へと移行しています。





さて、わが義塾は上記のような状況なわけですが、今日のタイトルは別の大学の野心的な計画です。

ここでいう別の大学とは、何を隠そう、東京大学です。



東京大学は、2007年の創立130周年での取り組みとして「東大130キャンペーン」を実施し、総額138億円を集めることができました。


これで寄付金集めキャンペーンは終わったのかな、と思っていたら、違いました。


つい先日、東京大学の同窓会「赤門学友会」から届いた会報の封筒の中に「東京大学基金のご案内」と書かれた冊子が。


そこには、このような挨拶文が・・・

-----
 拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 東京大学では、国立大学法人化後の2004年に東京大学基金を設立し、広くご寄附のお願いをしてまいりました。
昨年までの創立130周年記念寄附「東大130キャンペーン」では、多くの卒業生や企業・団体の皆さまからのご厚志を賜り、2008年3月末までの基金総額は目標額の130億円を達成することができました。

 本年4月からは、東京大学基金の新たな活動として、2020年まで2000億円を目標とした恒常的な基金活動「TODAI 2000」をスタートしております。2000億円の基金の運用益5%にあたる100億円を戦略資金として継続的に投入することができれば、21世紀の国際社会に貢献しリードする総合大学として、さまざまな教育研究環境の整備を着実に進めることが可能です。

 未だ、東京大学基金は将来への糧として育てていく時期にあります。皆様には引き続き、今後より一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 尚、一定額以上のご寄附に対しましては、総長主催のパーティーへのご招待や、特別栄誉・栄誉・特別貢献・功労貢献・貢献・賛助会員等の称号をお贈りするとともに、お名前を刻印した銘板を安田講堂内に掲示することで、感謝の意を長く形に残したいと考えております。

 末筆ながら、貴台のますますのご健勝をお祈り申し上げます。

                       敬具

-----

とまぁ、こんな具合に、2000億円を目指しているようです。


しかも、2008年4月から2009年3月の1年間で100億円集める算段のようです。


恐るべし。


負けてられませぬ。




----------
11月8日:「創立150年記念式典」まで、あと24日
----------


----------
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければクリックお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ


posted by Tommy at 23:31| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 大学一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
インターネットでも簡単に募金できるんですね

びっくり…私が遅れてるだけかな
Posted by カフェざる∞ at 2008年10月16日 21:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。