2009年03月30日

【報告】0330:平成20年度大学院学位授与式


今日、大学院の学位授与式が行われました。



ところで、この大学院の式、「学位授与式」と「学位記授与式」と表現するところと、大きく二つに分かれるようです。

なんとなく「学位記授与式」とするところは国公立大学が多いようですが・・・



09033001_kinen.jpg




今日の式は、私にとって「評議員として参列する」以上に特別の意味がありました。


というのも、学部ゼミ同期で博士課程まで進んだ友人の最後の一人が、この日学位を授与される(しかも壇上で)予定だったからです。


いやぁ、我が事のように感慨深いです。


私の場合「学問(研究・教育)を職業とする」方向に突き進む度胸が無く、学部卒業時点で就職を選んでしまったほうだったので、初志を貫いて学問の道に進んだ友人たちは、ある意味、羨望の的でした(今でもそうですね)。


その後、修士課程には別の分野で進んだものの、これまた必要最小限のところで早々に出てきてしまったため、自分自身の中では消化不良感が残っているんです。


とまぁ、様々な意味で同期が学問の分野でがんばっている姿は、羨ましく、また誇らしく、見ているわけでして。





しかも、この日吉記念館にとって「送り出す」系のイベントはこれが最後。

思わず、記念館から並木道を見入ってしまいました。


09033002_2nd1.jpg


09033003_2nd2.jpg



さて、実際の式は
開式
学事報告
学位記授与
式辞
教職員代表挨拶
塾歌斉唱
閉式
と進みました。



09033004_hall.jpg


現在この式では、甲類(課程)と乙類(論文)に分かれている博士号、二年制の修士号、更に三年制の専門職学位と三種類の学位が授与されています。

それぞれ、課程博士が177名、論文博士が57名、修士が1241名、専門職学位が231名となっています。

課程博士(76)と修士(674)の最大勢力は理工学研究科、博士号授与の研究科としては課程(41)&論文(42)で医学研究科が最大勢力です。



09033005_dan.jpg


なんと言っても、私にとってのハイライトは、わが同期の壇上での学位授与。


09033006_distri.jpg



時間としてはあっという間でしたが、その瞬間は、非常に感慨深かったです。


09033007_pre.jpg


09033008_dai.jpg



式は恙なく終わり、学位を得た方々は、三色旗のそばに集まって写真を撮っていました。



09033009_dan.jpg





09033010_hall.jpg



この記念館とも、あと少しですね。



09033011_out.jpg




----------
2009年10月18日:2009年慶應連合三田会大会まで、あと200日
----------


----------
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければクリックお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ


posted by Tommy at 23:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 評議員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。