2010年02月14日

修士論文発表会@本郷

----------
今年2010年は、卒業生評議員選挙が実施されます。
投票用紙が届くためには、塾員原簿の更新が必要です。
住所変更等による塾員原簿の更新は塾員センターまで。

----------




昨日は、久しぶりに本郷へ。


私が2年間学んだ(大変お世話になった)、大学院教育学研究科の大学経営・政策コースの修士論文発表会がありました。



10021302.jpg
赤門すぐの教育学部の建物。



今回、論文発表会に臨むのは四期生。



私たち一期生が2007年のこの時期に、教授たちに発表していた頃からはや三年が経過しました。



私たちの頃は、いかんせん初めてだったもので、複数の指導教授に対する個別での口頭試問という形で、今回のようなコース生全員を対象とするものではありませんでした。



10021303.jpg
建物入口の看板




朝10時から開始して、夕方17時ぐらいまで。


一人当たり20分の発表時間の中で、論文の概要発表と質疑応答を。



10021304.jpg
入口に貼られた案内



基本的にこのコースは社会人向けということもあり、論文のテーマも様々であれば、内容のレベル感も様々。


社会人向けコースで書かれる論文は、やはり現実に直面している問題から導かれるテーマが多いようで、興味深いですね。



10021301.jpg
赤門



ここで学んだ内容と、過ごした時間は、現在の評議員としての活動の基礎になっています。


「東大と義塾の違い」「国立と私立の違い」「学部と大学院の違い」「日本の大学と海外の大学の違い」など、大学を検討する際の視点を沢山与えてもらいました。


あまりの違いに「えぇ」と思ったこともありましたが、それもまた今では懐かしい思い出です。



来年はどんな修士論文が書かれることになるのでしょうか。




----------
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければクリックお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ


posted by Tommy at 21:56| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。