2006年08月31日

検索ワード「西富亮介」急増。

候補者番号:G−4の西富です。


28日に発送されて以降、このブログに「西富亮介」を検索ワードとしてたどり着いている方が急増しているようです。

28日より前は「評議員選挙」や「慶應」といった汎用語でたどり着いているケースが多かったようですが、ここ連日「西富亮介」が検索ワードのトップに来ています。


ある友人から「西富さんってどんな人って聞かれたよ」という話も耳に入ってきています。「旋風」とは言わないまでも小波(サザナミ)程度は立っているようで、立候補した意味が少しはあったのかなと思う次第です。


私の紹介については添付ファイル:introduction.pdfを参考にしてください。



posted by Tommy at 23:22| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 選挙活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお! それは面白い!

公職選挙では、ネットの利用はまだ認められてないけど、先行的な実験例として注目してます。
Posted by N.IDEMITSU at 2006年09月03日 20:56
慶應の現役教員です。
若手・中堅票、浮動票が結集し、公約に掲げていらっしゃる評議員会の情報公開が実現することを強く期待しています。
あと数日ですが、最善を尽くされてください。
心より応援申し上げます。
Posted by 教員 at 2006年09月20日 01:49
組織票に固められているといわれる評議員選挙。
公約やビジョンではなく、単に人脈のみで固められていく評議員選挙。

このままでは慶応義塾の評議員会は変わっていかないと思われます。

西富さんのような方が評議員会をオープンなものにし、慶応義塾の経営をもよりオープンにしていく、そんなことを実現するのではないかと期待しております。

応援しています。がんばってください。
Posted by 2004年卒業生 at 2006年09月29日 12:25
某経営者団体最高幹部が立候補している
巨大IT企業勤務の塾員です。
うちでも組織での集票が行われており
その前近代性にはあきれるばかりです。
そもそも既に推薦評議員が
出ているのに、飽き足らず二人目を
組織票で狙うとは、、、。

評議会員構成の多様化と情報公開のため、
西富さんに投票しました。
厳しい戦いとは思いますが当選を祈ります。

Posted by 検討を祈ります at 2006年10月01日 22:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。