2008年02月16日

Google VS Yahoo, 大学へ

【今日のディナー】白金劉安(ちなみに飲んだのは「金のスープ」)


----------


最近、マイクロソフトがグーグルに対抗するために、ヤフーに買収提案をしたのは皆さんご存知かと思います。


実は、グーグルの勢いは、いまや検索の世界だけのことではないんです。大学関連でも着々と進出を図っています。


昨年既にブログで何度か書いているように「Google書籍検索」では、世界の主要大学の図書館と提携しています。
 ・Google書籍検索プロジェクト(2007年2月7日付けブログ)
 ・Googleブック検索参加(7月21日付けブログ)
 ・コーネルも参加。(2007年8月11日付けブログ)
 ・Googleで読む福澤諭吉(2008年1月13日付けブログ)


これだけではなく、現在グーグルでは「Google Apps」というホスティング型アプリケーションサービスを大学に提供しようとしており、既に日本大学での導入が始まっています。
 ・日大×Google(2007年4月7日付けブログ)



さて、なんでこんな前置きがあるかということですが、それはGoogleのライバルであるヤフーが同様のアプリケーションサービスを始めることが分かったからです。



教育機関向け「Yahoo!メール」、採用第1号は早稲田大学に
《報道記事:「ITpro」2月13日付け》


早稲田大学における「Yahoo!メール Academic Edition」の導入について
《プレスリリース:「早稲田大学」2月13日付け》


「Yahoo!メール Academic Edition」が早稲田大学にて導入決定
《プレスリリース:「ヤフー」2月13日付け》



自前でシステムを持つ形ではなく、サービスプロバイダー(この場合はヤフー)のリソースを使うことによって、安価で迅速なサービス提供が可能となるのでしょう。

サービスの提供主体は大学外にあるわけですから、システム的な面での専門性は大学には期待されず、大学側ではヤフーがきちんとサービスを提供しているか監督するだけで良いということになります。



一般企業でもそうですが、本業特化という流れの中で必ずしも本業ではなかったり、あるいは他企業と共用できる分野については、外部資源の活用(アウトソーシング)が図られることになります。

この早稲田によるヤフーのケースはまさにこれに当たるのではないでしょうか?


記事によれば、
-----ここから記事-----
ヤフーは2008年2月13日、同社の教育機関向けメールサービス「Yahoo!メール Academic Edition」が早稲田大学で導入されることが決まったと発表した。2008年夏頃を予定しており、同サービスを導入する最初の教育機関となる。

 Yahoo!メール Academic Editionでは、「***@yy.大学名など.jp」という学校独自のドメインで、在学生やOB/OG、教職員にメールアドレスを無料で付与する。同時に「***@yahoo.co.jp」のアドレスも付与し、どちらも利用できるようにする。メールボックスの容量は1GBになる。

 早稲田大学では在学生と教職員合わせて7万人にメールアドレスを配布する予定。今後、すでに卒業しているOB/OGに対しても住所が判明している卒業生50万人にも配布する予定だ。また、在学生はそのアドレスを卒業後も使い続けられる。

 大学側は特にサーバーやシステムを用意する必要はなく、原則無料。現在利用しているメールシステムに生徒の入学や休学などを管理するツールを組み込むだけで利用ができる。なお、学生が在学中の場合と教職員向けには広告を表示しないが、OB/OGが利用する場合は広告を表示する。

 ヤフーのソーシャルネット事業部企画部リーダー堀下剛司氏は「高校では携帯電話の利用が主かもしれないが、大学に入りパソコンを使う機会は増える。そのときのファーストメールにしてもらい、かつ生涯メールになれば理想」としている。

 こうした教育機関向けのメールサービスは、グーグルやマイクロソフトも手掛けている。早稲田大学はヤフーのサービスを選んだ理由について、「3社を比較検討したが、秘密保持契約とサービス品質保証契約が結べることが大きかった。また、それ以外のサービスの提案もしてもらったことも魅力を感じた」としている。

-----ここまで記事-----
とのことだそうです。


記事の最後の「3社を比較検討した」というのが、現在のコンピュータネットワークを巡る競争を端的に示していますね。




大学という組織は「自治共同体」としての歴史が長かったため(ないしはそうであることが概念的に正しいことであると思われているため)、全ての機能を内製化しようとしがちです(それゆえに存在する地域からすら孤立してしまうのですが)。

これからの時代において、大学が自分たちで本当に注力すべき部分は何か、そして注力する必要がないものについてはどの外部資源を活用するか、その峻別をするべき時期にきつつあるようです。


----------


【今日(2月16日)は何の日】
菅原道真が大宰府へ向けて出発(901)、ネルー首相が連邦議会で「第三世界」の結集を訴え(1953)、キューバ首相にカストロが就任(1959)

【今日が誕生日】
日蓮(1222)、狩野永徳(1543)、藤堂高虎(1556)、松平忠輝(1592)、荻生徂徠(1666)、大隈重信(1838)、安田靫彦(1884)、金正日(1942)

【今日は忌日】
西行(1190)、徳姫(1636)、阿茶局(1637)、高橋景保(1829)、青木周蔵(1914)



↓お読みいただきありがとうございました。宜しければクリックお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ


posted by Tommy at 23:13| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 大学一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なぬ〜
スパムのブロック率ではGmailのほうが圧倒的なのにね。
Posted by yukom at 2008年02月17日 10:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。