2008年02月26日

国内トップ大学は慶應義塾?!

【今日の一服】
スターバックス(トールラテ・エキストラホット)


----------


先日、大学に関する、とある調査結果(ランキング)が公開されました。

ランキングの順位はというと、


一位(1校):慶應義塾大学

二位(1校):東京大学

三位(16校):北海道大学、東北大学、筑波大学、東京工業大学、早稲田大学、日本大学、上智大学、東京理科大学、総合研究大学院大学、名古屋大学、奈良先端科学技術大学院大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、広島大学、九州大学


と、
以下、日本中の大学が続くわけですが・・・



さて、これが何のランキングか、わかりますか???



何かというと、
これです。

日本の大学Webサイト、重要度トップはページランク「9」の慶応
《雑誌記事:「日経トレンディネット」2月22日付け》



そう、Googleの「ページランク」の高さなんです。



この調査レポートをまとめたサイトによると、

日本の大学755校のWebサイトにおけるページランクを調査、全て公開! 最高は慶應義塾大学の「PR9」
《ブログ記事:「SEO BAT」2月21日付け》


慶應義塾のページランクは
 ・昔は10だったこともある
 ・W3Cの共同ホスト機関であり、PR10であるW3Cのトップページから直接リンクが張られている
ということが理由のようです。



福澤先生は「慶應義塾の目的」として

慶應義塾は単に一所の学塾として自から甘んずるを得ず。其目的は我日本国中に於ける気品の泉源、智徳の模範たらんことを期し、之を実際にしては居家、処世、立国の本旨を明にして、之を口に言ふのみにあらず、躬行実践、以て全社会の先導者たらんことを欲するものなり

と述べられましたが、
インターネットの世界では今のところ「躬行実践、以て全社会の先導者」たりえる存在であるようです。



引き続き「全社会の先導者」たりえるかどうかは、これから我々がどのように、先達の遺産を引き継ぎ、より意義あるものにしていくかにかかっています。




----------


【今日(2月26日)は何の日】
行基が大僧正になる(745)、大名火消が設置される(1634)、ナポレオンがエルバ島を脱出(1815)、パナマ運河開通(1914)、二・二六事件(1936)

【今日が誕生日】
ヴィクトル・ユーゴー(1802)、リーバイ・ストラウス(1829)、ジョン・ハーヴェイ・ケロッグ(1852)、与謝野鉄幹(1873)、河東碧梧桐(1873)、竹下登(1924)

【今日が忌日】
高師直(1351)、足利直義(1352)、高橋是清(1936)、斎藤実(1936)、渡辺錠太郎(1936)、横山大観(1958)、カール・ヤスパース(1969)


↓お読みいただきありがとうございました。宜しければクリックお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ



posted by Tommy at 23:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。