2008年05月20日

恐るべし、関関同立。 関西大学編


さて、関関同立の話を。


いま、関西地域がアツイです。


各大学、順々に、ここ1年ぐらいの動きを見ていきたいと思います。


その1:
関西大学(かんさいだいがく)




恐らく、この大学の最近の動きを説明するためには、以下の二つに着目する必要があるでしょう。

関西大学の経営理念・基本方針

財務情報



いわゆる「有名私立大学」の中で、ここまでスッキリと「経営方針」と「財務」を明示・公開しているところはないのではないでしょうか?

これは、もはや一般企業と遜色のない開示レベルです。


どうやらこの動きを支えているのが
中長期戦略構想策定体制のようです。

実際のところ、どの程度機能しているかは窺い知れませんが、何を考えるか、そのために誰がどうするのかが、比較的明らかになっています。



そして、更には単年度ごとの「行動計画」が。
 ・平成20年度行動計画
 ・平成19年度行動計画
 ・平成18年度行動計画



いやはや、脱帽です。



そして、この活動の結果が以下のようになって現われています。

高槻新キャンパスの設置(2010年4月〜)
 「小中高一貫教育
   小学校:「関西大学初等部」
   中学校:「関西大学中等部」
   高等学校:「関西大学高等部」
 「新学部・大学院
   学部:「社会安全学部
   研究科:「社会安全学研究科

・08年03月05日:外国語学部新設(2009年4月〜)

・08年02月05日:堺市に新キャンパスを開設
 堺市立商業高等学校・第二商業高等学校校地に「健康文化学部」を設置(2010年4月〜)

・08年1月9日:関西大学・大阪医科大学・大阪薬科大学の3大学で全国初の共同学部を設置

・07年3月15日:福武学園と合併(2008年4月1日〜)
  北陽高校 → 関西大学北陽高校




関西大学は、私の「これまでの」印象は、それほどアグレッシブではない/あまり特徴がないというレベルに留まっていたわけですが、これを見てしまった今、これまでの印象は修正せざるを得ません。


「強い関西大学」を目指し、眠れる獅子が目を覚ましたという感じがします。




----------
11月8日:「創立150年記念式典」まで、あと172日
----------


----------
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければクリックお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ


posted by Tommy at 23:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。