2010年08月26日

バーチャルキャンパスはじめます@iTunesU


----------
今年2010年は、卒業生評議員選挙が実施されます。
投票用紙が届くためには、塾員原簿の更新が必要です。
住所変更等による塾員原簿の更新は塾員センターまで。

----------



みなさん、お元気ですか。
西富です。



最近のアップル社の躍進は激しいものがありますが、その勢いは大学をも巻き込んでいます。

すでにアメリカの大学の多くでは「iTunes U」にコンテンツを提供していますが、いよいよ日本でもその動きが本格化してきました。



昨日、義塾でもSFCから、いよいよその動きが始まりました。



慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)の講義をApple「iTunes U」にて無料配信 IT、政策、国際関係、社会イノベーション、都市、地球環境、バイオなど多様な分野の約350講義からスタート
日本の大学としては初めてiTunesR Uで講義配信
《プレスリリース:慶應義塾:8月25日付》




iTunesUでのSFCコンテンツ配信概要



詳しくは、皆さん自身でiTunesUをご覧いただければと思いますが、SFCからのコンテンツはざっくりこんな感じです。



<講義配信>
「総合政策学の創造」(國領二郎総合政策学部長、竹中平蔵総合政策学部教授ほか)
「環境情報学の創造」(村井純環境情報学部長ほか)
「低炭素社会設計論」(浜中裕徳大学院政策・メディア研究科特別研究教授ほか)(英語)
「インターネット」(村井純環境情報学部教授ほか)
「自律分散協調システム論」(徳田英幸環境情報学部教授ほか)
「システムソフトウェア」(バンミーター,ロドニー環境情報学部准教授)(英語)
「次世代WEBプラットフォーム論」(増井俊之環境情報学部教授)
「世界のなかの日本としてのIT政策と技術」(村井純環境情報学部教授ほか)(英語)
「様相とバイオシミュレーション」(内藤泰宏環境情報学部准教授)
「生命システム」(冨田勝環境情報学部教授)
「地球環境情報論」(清水浩環境情報学部教授)
「都市空間の再設計」(小林博人大学院政策・メディア研究科准教授)
「空間情報発想」(厳網林環境情報学部教授)
「ポリシーマネジメント(開発とヒューマンセキュリティ)」(梅垣理郎総合政策学部教授)(英語)
「環境政策」(浜中裕徳大学院政策・メディア研究科特別研究教授)
「ネットワーク産業論」(夏野剛大学院政策・メディア研究科特別招聘教授)
「ネットワーク社会の構築」(國領二郎総合政策学部教授)
「ネットワーク産業論」(國領二郎総合政策学部教授)
「開発とローカリズム」(山本純一環境情報学部教授)
「安全保障と国際紛争」(神保謙総合政策学部准教授)
「宗教と現代社会」(奥田敦総合政策学部教授)
「言語とヒューマニティ」(國枝孝弘総合政策学部准教授) など

<SFCOpen Research Forumでのセッション>
産官学連携によるSFC 関連の研究成果発表イベント「SFC Open Research Forum(ORF)」
http://orf.sfc.keio.ac.jp/)における、社会の先端課題を扱った各種のセッションを公開します。

<SFCアーカイブ>
20 周年を迎えたSFC の様々なビデオアーカイブや、SFC の現状を伝える映像素材、退職教員の最終講
義のビデオアーカイブなどを順次公開します。
「テークオフラリー1994」(加藤寛総合政策学部初代学部長、相磯秀夫環境情報学部初代学部長ほか)など


詳細が書かれたプレスリリース




で、こんな感じで大規模に始まったわけですが、
実は東京大学でも。



東京大学が「iTunes U」に参加
《プレスリリース:東京大学:8月25日付》



スタート時点のコンテンツ数は112。
SFCの約350という数に比べると少ない数ですが、国立でありながらこのスピード感は恐ろしいものがあります。


同日スタートと言うのがなんとも因縁深いです。


義塾も、SFCだけではなく、三田、日吉、矢上などにも広がっていくでしょうか?
(さすがに信濃町の講義などは難しいと思いますが)







----------
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければクリックお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ


posted by Tommy at 01:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 慶應義塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

ミニ集会@新宿


----------
今年2010年は、卒業生評議員選挙が実施されます。
投票用紙が届くためには、塾員原簿の更新が必要です。
住所変更等による塾員原簿の更新は塾員センターまで。

----------



みなさん、お元気ですか。
西富です。



いよいよ今週末の27日は、全塾員宛に投票用紙が発送されます。
(すでに海外塾員には17日に発送済みです)

皆さんのもと(正しくは「塾員原簿に書かれた住所」)に届くのは、封書の形式で、「立候補者一覧」と「投票用紙」になります。

封書、捨てないようにお願いします。
ぜひどなたかに(出来れば私に)一票を投じてください。




さて最近、皆さんにお願いをさせていただき「ミニ集会」なるものを開催させていただいているという話を以前に書きましたが、今週の月曜日、新宿では初めての「ミニ集会」を開催しました。



今回は、私を含め計8名。
男性5に女性3。
男性は全て私より年上(と言っても40代)、女性は全て私より年下という、
ある意味美しい年齢構成でした。


職業も皆さん様々で
自営、会社員、医師、会計士、MR、CAなどなど。。。


セッティングしていただいた方の顔の広さに脱帽でした。



やはり、男性陣、特に会社員の方は、評議員選挙がいかに大変か(とりまとめが)、評議員というポジションがいかに企業トップにとっての「名誉職」であるかを十二分にご存知でした。


一方、これもやはりという感じですが、私より若い女性陣は、まさに「へぇ」という反応しきりで、今まさにここで初めて聞いたと言う話ばかりだったようです。




また、男性陣のお一人からは「これまで入れようと思う人がいなかったから、来てもそのまま捨てちゃってたよ」という衝撃の告白が。

会社員の方からは「じゃあ、頂戴よ」なんて声も挙がっていましたが、
「今回は入れる人、ここで決まったから」と、力強い言葉をいただきました。




皆さん、私が次々と話す義塾話に「なんでそんなに詳しいの」と驚かれていたようでしたが、私が評議員としてできる大事な仕事の一つは、塾員の皆さんに義塾の近況を可能な限り詳細にお伝えすることだと思っています。



今はまさに再選に向けての「ミニ集会」となってはいますが、これまで四年の間、様々な場所でお話をさせていただいてきました。

義塾にまつわる話については、皆さんは断片的に耳にされることがあるようでしたが、それを義塾の方向性と関連付けて説明をさしあげることが、まさに私の役目のひとつでもありました。


皆さんから次々出てくる質問(今回の「ミニ集会」でもいただきましたが)にお答えするためにも、私自身が評議員会の議事録はもとより、理事会の議事録を確認したり、分からない部分については関係部署に質問をしたりして、私自身も皆さんからの質問をきっかけとして勉強させていただきました。



引き続き、この役割を担わせていただければと考えています。






今週は更に26日(木)、27日(金)にお話させていただく予定です。



26日は東京三田倶楽部で開催しますので、
お越しいただける方がいるようであれば、

tommy(あっと)1999.jukuin.keio.ac.jp

まで、ご連絡いただければ幸いです。






----------
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければクリックお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by Tommy at 01:42| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 選挙活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

ツイッターでフロリダへ。


----------
今年2010年は、卒業生評議員選挙が実施されます。
投票用紙が届くためには、塾員原簿の更新が必要です。
住所変更等による塾員原簿の更新は塾員センターまで。

----------



みなさん、お元気ですか。
西富です。



最近だいぶツイッターが流行しており、
私もこのブログの右側に「follow me」バーを付けておりますが、
ツイッターを利用して様々な試みが行われているようです。



しかし、ここまでするとは・・・



ツイッター読者限定、シャトル打ち上げに招待 NASA
《新聞記事:朝日新聞:8月23日付》




kokokara--------

退役まで残りわずかとなったスペースシャトルの打ち上げに、米航空宇宙局(NASA)がツイッターの読者(フォロワー)を抽選で150人招待する。「最終便」の一つ前となる11月1日のディスカバリーの打ち上げを、米フロリダ州のケネディ宇宙センターで、飛行士や技術者たちの解説付きで見学できる。

 対象は公式ツイッター「@NASA」の18歳以上のフォロワー。日本からでも申し込める。日本時間で25日未明から24時間以内に、専用サイト(http://www.nasa.gov/connect/tweetup/)から応募する。ただし、フロリダまでの交通費やホテル代、食費などは自己負担だ。悪天候などに伴う打ち上げの延期についても、NASAは「日時の変更はメールで知らせるが、費用の追加負担に責任は負えない」という。

 シャトルは国際宇宙ステーション(ISS)の完成にあわせて、来年2月打ち上げ予定のエンデバーを最後に、退役する。(東山正宜)


--------kokomade




どうやら募集は24時間以内のようですが、是非どうですか?


運がよければ、11月にはフロリダです!





----------
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければクリックお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by Tommy at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

人型ロボット、宇宙へ。


----------
今年2010年は、卒業生評議員選挙が実施されます。
投票用紙が届くためには、塾員原簿の更新が必要です。
住所変更等による塾員原簿の更新は塾員センターまで。

----------



みなさん、お元気ですか。
西富です。


先月、NHK(BShi)でスターウォーズ一挙放送を行っていたのが記憶に新しいですが、NASAにて、いよいよ「人型ロボット」を宇宙へ送り出すそうです。



ロボット宇宙飛行士「ロボノート2」、ケネディ宇宙センターに到着
《ウェブ記事:sorae.jp:8月11日付》




kokokara-----

米航空宇宙局(NASA)とゼネラル・モーターズ社(GM)と共同開発したヒト型ロボット宇宙飛行士「ロボノート2(R2)」は8月10日、ケネディ宇宙センター(KSC)に到着した。

到着した「ロボノート2」は宇宙ステーション整備施設(SSPF)へと運ばれ、今後、打ち上げに向けての適合性確認試験などが行われる。

「ロボノート2」は上半身だけのヒト型ロボットで、重さ約136キロ。2010年11月1日に打ち上げられるスペースシャトル・ディスカバリー(STS-133)に搭乗し、国際宇宙ステーション(ISS)での長期滞在を開始する。長期滞在クルーらは無重力環境においてのロボットの動作を確認し、科学、保守、建設での人間とロボットとの共同作業の可能性を探る。

ロボノートの開発は1990年代まで遡る。NASAと米国防総省国防高等研究事業局(DARPA)が協力し、2003年に「ロボノート・プロジェクト」の最初の試作品となる「ロボノート1」を発表した。「ロボノート1」は船外活動(EVA)用として開発され、これまで様々な試験をクリアした。

一方、「ロボノート1」の技術を基に「ロボノート2」が開発されたが、船外活動を行う予定はない。「ロボノート2」は当分の間、ISSのデスティニー実験棟に固定されるが、今後、ISS内で自由に移動させる予定もあるという。

-----kokomade


早ければ、今年11月1日に打ち上げられるスペースシャトル・ディスカバリー(STS-133)に搭乗し、国際宇宙ステーション(ISS)での長期滞在を開始するそうです。


Robonaut2

Image credit: NASA





すごいですよね?

上半身だけみると、完全にスターウォーズに出て来そうな形状をしています。



それもそのはず。
この「ロボノート2」に関するNASA自身の記事タイトルが、かれらの「意識」をあらわしています。



Star Wars Meets UPS as Robonaut Packed for Space
《articles: NASA: 2010.08.10》



自分たちで「Star Wars」って書いちゃってます。


作業する様子などを撮影した画像もありますが、こちらも必見。


Robonaut2, the Next Generation Dexterous Robot
《articles: NASA: 2010.02.03》



「ロボノート2」、よく見たら「Robonaut 2」なので略称は「R2」ですね。
どちらかと言えば、C3POに似ているロボットですが。



ウィキペディアによる「ロボノート情報」はこちら。




わが中高の親友よりも先に宇宙へ行ってしまうようです。

機械は組み立てればすみますが、人間はそうはいきませんしね。




----------
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければクリックお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by Tommy at 22:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

ミニ集会、開いています。


----------
今年2010年は、卒業生評議員選挙が実施されます。
投票用紙が届くためには、塾員原簿の更新が必要です。
住所変更等による塾員原簿の更新は塾員センターまで。

----------



みなさん、お元気ですか。
西富です。




日付もいよいよ20日になりました。



1週間後の27日には、国内の塾員の皆さん宛に投票用紙が発送されます。


また、すでに17日には国外の塾員の皆さん宛に投票用紙が発送されています。



海外発送日:8月17日(火)
国内発送日:8月27日(金)




皆さんのもと(正しくは「塾員原簿に書かれた住所」)に届くのは、
封書の形式で、
「立候補者一覧」

「投票用紙」

になります。



「立候補者一覧」には、

候補者ごとに「記号・番号(例:Z−4)」が振られているので、

「投票用紙」には

「記号・番号」「氏名」「捺印」を記入した上で

「50円切手」を貼って投函していただくことになります。



真っ白なまま、どなたかに譲るのではなく
皆さん自身の意思を、表していただければ幸いです。







さて、最近、皆さんにお願いをさせていただき
「ミニ集会」なるものを開催させていただいています。


わざわざセッティングしていただいたり、
飲み会にお邪魔させていただいたり、形こそ様々ですが
色々な方とお話させていただいています。





今週も17日(火)に参加させてもらいました。



来週も23日(月)、26日(木)、27日(金)に
お話させていただく予定です。



26日は東京三田倶楽部で開催しますので、
お越しいただける方がいるようであれば、

tommy(あっと)1999.jukuin.keio.ac.jp

まで、ご連絡いただければ幸いです。







----------
↓お読みいただきありがとうございました。宜しければクリックお願いします。
にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ
posted by Tommy at 00:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 選挙活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。